埼玉で板金をする場合に保険の適用はあるか

自動車保険の適用がされないこともある

埼玉で板金塗装を依頼する場合には、自動車が凹んでいるか壊れている可能性があります。例えば、うっかり電柱にぶつけてしまった場合などは、そのまま放置しておいても自動車は元に戻るわけではありません。自分で修理する人もいますが、1部の腕の良い人を除いてうまくいかないケースが多いでしょう。何故かと言えば、自動車の修理はプロでないときれいにすることが難しいからです。つまり技術が必要なものです。この場合には、埼玉県内の板金塗装業者に依頼すると良いでしょう。板金塗装をする場合には、埼玉県の業者同士で比較をして、どれぐらいの費用になるか調べてみることです。普通はどの業者も、そこまで金額は変わりません。具体的には、小さなかすり傷ならば30000円前後で修理することが可能です。これに対して、大きな傷や取り替えるレベルになると10万円以上かかるでしょう。ぶつけた箇所が1カ所ではなく2つから3つ位のパーツに及ぶ場合は、30万円位かかることもあります。この場合、保険が適用されるか問題になるものの、適用されない例があることも知っておきましょう。

どのようなときに適用されるのかを理解しておく

板金塗装を埼玉県内で行う場合、保険が適用されないでは単純に加入していない場合です。加入しているつもりでも、適用されないケースがあるため気をつけておきましょう。例えば、事故が起こったときの賠償に関しては加入しているけども、車両について保証が一切ないものもあります。特に1ヵ月当たりの支払いが5000円未満の場合には、車両をぶつけたとしてもお金がおりる事はありません。そのため、この場合には自分のお金で支払うしか方法がありません。このように、できるだけ安くしようと考えていても、逆にぶつけた時に費用が高くなってしまうケースがあります。自分は大丈夫に違いないと考えていても、人に傷つけられる可能性もあるわけです。そのようなことを考えれば、車両の保証にも加入しておいた方が良いかもしれません。

いくらぐらいならば現金で払ったほうがよいか

保険に加入している場合でも、使わない方が良いこともあります。これを使ってしまうと、等級が下がり次回から毎年支払う金額が増えてしまいます。ただ、場合によっては使ったほうがいいこともあるためその基準をしておきましょう。一般的には、20万円以上の修理費用がかかる場合は使った方が良いとされます。しかし100000円位の場合は、使わない方が最終的にはお得です。150000円位の場合は、微妙なところですが、気になる場合は使わない方が良いでしょう。

記事一覧