車のボディーに傷がついたら埼玉で板金修理してもらいましょう

車につきやすい傷や汚れのケース

自動車を運転すると車を傷つけたりへこませてしまうケースが発生します。そんなときは埼玉で板金修理に出すことでパーツの交換不要で直してもらえます。板金とはボディーの変形した部分を元に戻すための作業を指します。パーツやパネル交換も含まれることがありますが、基本的にパーツやパネルを交換せずに修復します。最後は塗装して色も戻すので塗装ともいわれています。作業はまず専用のツールでパネルを引っ張ったり叩いて形を整えます。歪んだフレームは専用の機械で直します。車の小さな損傷は日頃から起こりやすいものです。走行中に小石や石がぶつかったり、猫が車体を爪でひっかくと小さな傷が付いてしまいます。傷がつくと錆の原因にもなるので直してもらった方が良いでしょう。他にも縁石やガードレールの接触や、砂や小石によってできるこすり傷もあります。こすり傷は引っかき傷よりもより傷が深く広範囲なので埼玉で修理する必要があります。周囲の物とぶつかったり縁石に乗り上げるとへこみ傷になります。塗料もはがれるので錆付く原因となります。傷がついたらすぐに専門店や自動車整備工場で修理してもらいましょう。

小さなへこみを効率的に直します

最近ではデントリペアという新しい修復方法も登場しています。デントリペアでは塗装をはがさずに生かしたまま修復します。これはへこみ傷で使われている方法です。裏から工具を使い押し出して直すので短時間で修復できます。料金が従来に半分以下で済むのもメリットひとつです。デントリペアは専門店か出張の専門の方に依頼することになります。2つの違いは今ある塗装をはがすかそのまま生かすかになります。埼玉の板金は塗装を剥が巣ことを前提として段階を踏んで作業を行います。デントリペアはボディーの裏側から修復するので塗装をはがす作業がありません。その分、工賃や塗装料金などがかからないので費用が安く抑えられるのです。必要な時間も短縮され30分~2時間程度で済ます事ができます。しかし、得意とするのは小さなへこみです。大きなヘコミや傷を修復することは難しいでしょう。

車の全ての部分には対応していない

デントリペアは子供や動物が乗ったり石の跳ね返りのへこみに強い修復方法です。塗料やパテを使わないので自然環境にも易しい方法といえます。しかし、車の小さな隙間(エッジ部分・ヘッドライト周辺・給油口など)は、専用工具を入れる事ができません。車のボディー全てに対応できないのはデメリットになるでしょう。対応するのはへこみであり、車のキズ・欠け・割れにも対応できません。新しい修復方法ではありますが、小さなへこみには大変便利な方法です。埼玉の板金工場に勤めていた人が出張のデントリペア職人になるケースもあります。

記事一覧